1. トップページ(最新レッスン日程)>
  2. ベビーマッサージとは

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージは、ママと赤ちゃんとのファーストコンタクト。
肌と肌がふれあうベビーマッサージは、
親子の絆を深める最高のコミュニケーションです。

ベビーマッサージイメージ

ベビーマッサージの目的

赤ちゃんの心身の発達を促し、精神を安定させます。

ママに触れられるたびに、赤ちゃんは満足感や幸福感に包まれ、情緒が安定します。


育児への自信とゆとりがもてるように。

たとえ短い時間でも、マッサージを習慣にしていると、赤ちゃんの成長や体調の変化が感覚的に分かるようになってきます。マッサージをすることでママ自身もリラックスするとともに、気持ちにゆとりが生まれます。


親と子の強い絆を作ります。

スキンシップを通じてママは赤ちゃんへの愛しさと、育児に対する喜びが増します。また赤ちゃんも、親の愛を肌で感じ、信頼し、愛に応えます。赤ちゃんの時期に築く親子の関係性は、その後の人間関係の土台となるのです。


ベビーマッサージの効果

五感を刺激して脳の発達を促し、免疫システムを向上させます。

「触覚」は新生児期からフルに機能しているといわれています。ふれられ、心地よい刺激を受ければ受けるほど、神経細胞をつなぐシナプスが増え、感情・思考・記憶などをおこなう脳の領域が発達していきます。


赤ちゃんにリラックスすることを覚えさせ、ストレスを解消させます。

ストレスの上手な解消法やリラックス方法を知ることで、赤ちゃんの脳や神経機能はますます向上します。マッサージによって、ストレスとリラクゼーションをちょうどよい具合に保つことができます。


赤ちゃんの運動機能・内蔵機能を高めます。

マッサージによる皮膚刺激は、循環器・消化器・排泄器・のみならず、神経系・免疫系の成長を促します。下痢や便秘解消、夜泣きに効果があります。


母と子のバーストラウマを癒します。

人為的にコントロールされた分娩によって、赤ちゃんは大なり小なり心の傷を背負ってしまう事(バーストラウマ)があります。母親側も自分が望まない方法で出産した場合などにバーストラウマを背負うこともあります。ベビーマッサージにより、赤ちゃんを癒すことができ、母親も子どもの身体と心を理解していくことができます。


親の精神を安定させ、育児への自信が持てます。

赤ちゃんとの皮膚接触は母親の体内にホルモンを分泌させ、産後の回復や精神的な安定、充足感を導き出すことが科学的にも証明されています。


親の身体の血液循環を良くし、リラックス効果により体調を良くします。

マッサージの前に「腹式呼吸」をしてリラックスしましょう。マッサージをしながら一緒にストレッチすることで母親の血液循環もよくなり、老廃物も流され代謝がよくなるので、結果的に体調もよくなります。


使用オイルについて

使用オイルイメージ

ベビーズガーデンでは、安全性の高い世界最高水準のピュアホホバオイルと、抗酸化作用がありアレルゲンとならない物質であるプラチナを配合した、世界初のベビーマッサージオイル「ロイヤルベビーマッサージPJオイル」をご用意しております。一般的に販売されている約半分の使用量でマッサージができるように粘性を調整しています。機能が未熟で敏感な赤ちゃんの肌を考え、不純物を極限まで排除し、保存剤・防腐剤を一切含んでいません。




特性

・全ての肌質に合う
・非常にさらさらしていて軽い
・低刺激・無香料・無着色・ノンコメドジェニック(常在菌が繁殖しにくい)の特性をもつ



top

ご予約前にご確認ください 最新レッスン日程 お客様の声 講師プロフィール 講師ブログ

【ブログ最新記事】
特定非営利活動法人ロイヤルセラピスト協会本部サイト

特定非営利活動法人
ロイヤルセラピスト協会本部サイト

RTA指定スクール総合サイトロイヤルセラピストウェブ

RTA指定スクール総合サイト
ロイヤルセラピストウェブ

一般社団法人日本セラピスト検定機構

一般社団法人
日本セラピスト検定機構

ロイヤルセラピスト協会認定WEBコンサルタントチーム

ロイヤルセラピスト協会認定
WEBコンサルタントチーム